7月19日・村長日記 幻の花とも言われている瓔珞(ようらく)玉あじさい

ヨウラクタマアジサイ
瓔珞(ようらく)とは仏殿・装飾具・寺院の軒下に吊り下げる装飾金具。昭和23年中井猛之進博士が伊豆大島で発見し命名。夏に咲き始めてから花軸を伸ばしてガクヘンを作り 段咲き状になって八重の花を咲かすより名付けられ幻の花であるとも言われます。瓔珞(ようらく)のように段咲きで長く伸びる花です。


幻の花とも言われている瓔珞(ようらく)玉あじさい


ヨウラクタマアジサイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です